エイジングケアに関する情報が満載!

アンチエイジング!

毎日心がけたいエイジングケアの方法について

お肌においてしわやたるみ、ほうれい線、シミなどが目立つようになってくる大きな原因に、老化があります。
年齢と共に体内に存在するコラーゲンやヒアルロン酸などの保水保湿成分は減少してしまい、その結果肌は乾燥しやすくなり、肌トラブルも起こりやすくなってきます。
年齢を重ねると共に生じてくるお肌のトラブルを改善したり予防するためのケアが、エイジングケアなのです。
エイジングケアとしてまず心がけたいことは、不足しているコラーゲンを補うことです。
牛スジや手羽先などの食品やサプリメント、またスキンケア用品などで、コラーゲンを補給しましょう。
さらに大切なことは、血行促進と代謝を良くすることです。
肌細胞が正常にターンオーバーすることは、何より新しい綺麗なお肌へと生まれ変わるために大切なことでしょう。
そのために必要になってくることが、血液のスムーズな流れなのです。
入浴やマッサージ、適度な運動などにより、血流を良くすることを心がけましょう。
その次に、抗酸化作用のある成分を積極的に取り入れることも大切です。
抗酸化作用とは、体内やお肌の活性化酸素を抑制する働きのことで、活性化酸素が増えると老化が進むのです。
抗酸化作用のある食品としては、鮭やアボガド、梅干し、グレープフルーツ、大豆や生姜、ニンニクなどが挙げられます。
こうした食品をしっかりと食べることも、大切なエイジングケアなのです。

エイジングケアの基本

近頃アンチエイジングという言葉を耳にすることが多くなりました。
これは簡単に言うと若返りという意味ですが、実はこの言葉、医薬部外品への表記は認められていますが、化粧品には薬事法によって禁止されてるのです。
そこでその代わりに使われるようになったのが加齢をケアするという意味のエイジングケアという言葉なのです。
エイジングケアの基本が紫外線対策と保湿です。
紫外線はシミやそばかすを引き起こすから日焼け止めなどで対策をしている人は多いでしょう。
実は波長の長い紫外線A波はそれだけでなくシワやたるみも引き起こすことがわかってきました。
それを防ぐためにも年間を通じて紫外線対策が必要なのです。
また、保湿も重要です。
肌は外側から角質、真皮、皮下組織という層構造をなしています。
一番外側の角質が肌内部を外部刺激から守るためのバリア機能を果たしていますが、水分が不足するとその機能を充分に発揮できずに肌が刺激に直接さらされるようになってしまうのです。
肌が乾燥するとかゆくなったり粉をふくのはバリア機能の低下によって肌が危険な状態にさらされているからなのです。
そうならないように保湿によって肌に水分を補給し、バリア機能を正常に保つことです。

注目サイト

女性特有の悩み・任活に人気のマカを徹底比較!!

マカ サプリ

中古医療機器の処分でお困りなら売却がおすすめです。

中古医療機器 買取

コスト削減できるLEDの投光器

LED イルミネーション

Last update:2018/7/6

『エイジングケア』 最新ツイート

COPYRIGHT(C) アンチエイジング! ALL RIGHT RESERVED